いくつになっても今日がはじまり

羽生章洋の個人的な記録

ハマチ

東京に出てきて12年あまり。当初は寿司屋でハマチを頼むと「お客さん、関西ですか?」と訊かれ、東京ではお目にかかれないのだと言われ続けてきました。実際、あちこちの寿司屋で試みましたが、結果は全くもって残念無念。結局、ブリとかカンパチなどで自分を誤魔化す、そんなエブリデイでありました。

ところがここ最近で少し周辺に変化がありました。先日、浅草寺にお参りにいった際に、浅草駅の側を歩いていると「ハマチの刺身」と店頭に書いてる飲み屋が! その時は入れなかったのですが、よし今度絶対に来るぞ! と心に誓ったのです。そしたらそれからしばらくして、近所の魚屋で何とハマチの刺身を売ってるではありませんか!! 狂喜乱舞で早速買って夕食で食べたら…、あぁ、なるほど、これじゃあ食わないわ、という残念極まりない味だったのです。かくしてハマチは大阪に戻ったときのご馳走となっておりました。

しかし!! 男の厄年を乗り越えた私には、どうやらツキというものが憑いてきたようです。昨日、知人と上野に飲みに行ったのです。安くて美味しい焼き鳥屋さんがあるとのことで、そこに入ってメニューを見ると、何とそこには「ハマチ刺身」の文字ががが!!!!

先日のあの残念な味を思い出しつつも誘惑には抗う術は無く、早速真っ先に注文しました。そして食した瞬間…、あぁ美味(^^) そう、そうです。そうなのです。これですよこれ。これこそハマチ。THE HAMACHI !!! 知人も「あぶらが乗ってて旨いですね~」と絶賛。東京に出てきて12年。ようやく辿り着いたこの味。もう感慨無量とはこのことです。幸せ一杯な気分になりました。もはや、わが人生に悔いなしw

実は、昨日は幾つかの打ち合わせがあって、そこで思わぬ幸運というか偶然という名の必然がありまして、飲みに行く前の時点で既に「あー、今日は良い日だな~」などと思っていたのですが、そんな私の幸運を祝福してくれるかのごとく、美味しいハマチが一日の最後を締めくくってくれました。ビバ! ハマチ!!

思えば去年の今頃は地獄というか底辺というかどん底というか、まぁ厄年怖いぜ、だったのですけど、まだまだ色々と大変ではありますが、あぁ諦めていた東京でもハマチが食えるようになるんだ、と思うと、何だ人生ってまだまだ諦めずに行けるぜ先行き明るいぜ、って感じでテンションが上がった次第です。

ちなみにお値段は570円でした。我ながら安い人生ですw

Remove all ads