Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

いくつになっても今日がはじまり

羽生章洋の個人的な記録

原爆先生がやってきた

色んなご縁が重なって本業の合間に「原爆先生」という活動に関わらせていただいてます。完全にボランティアで手弁当なのですが、やり甲斐を感じながら毎年頑張っています。先般、この活動についての書籍を書かせていただきました。

原爆先生がやってきた! 原爆先生の特別授業「7000℃の少年」より | 特定非営利活動法人 原爆先生, 池田 眞徳, 羽生 章洋 | 本 | Amazon.co.jp

https://www.amazon.co.jp/dp/4782534450

 

NPO法人の運営ということについて色々と考えられるようになったのは、Seasarという大きなコミュニティの運営に携わった経験のおかげです。また、本業においても色々と考えさせられることが多く、個人的には本業との相互フィードバックによって学ぶことが多いです。

私自身としては初めての一般書執筆ということで、筆力など色んな点で試されるというか鍛えられた感じがあります。手前味噌ですが結構面白い読み物になっていると思いますので、テーマについて色々とお感じになられる方も多いだろうとは思いますが、よろしければ是非ご一読頂ければ嬉しく思います。