Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

いくつになっても今日がはじまり

羽生章洋の個人的な記録

トレードオフ

人生、色んなケースで決して行けないもう一つの道というのがあるように感じます。私は、両親が亡くなって久しいのですが、二人共比較的若いうちだったおかげで、ボケるということが無いままに逝きました。一方で、私よりも年長の知人などの話を聞くとまだまだご両親ともご健在ながら、ちょっとボケてきてる感じがしてて不安だというケースもあります。

私は40代になったときには既に両親がいなかったので、60代になっても親御さんが生きてらっしゃるというのは率直に羨ましく感じます。一方で、自分が年老いた状態で両親を介護しないといけないとなると、果たしてどうだろうか、という気持ちにもなります。

私は今年で44歳になりますが、高校の時の同級生は子供が既に成人しているという人もいます。若い時にはやはり苦労したらしいのですが、子供が独立してここから先は気楽な気分だというのを聞くと、我が身を振り返れば一番上の娘がようやくこの春に高校生になる状態で息子に至ってはまだ小学生ですから、これまたいいなぁと感じます。とはいえ、若い時に育児の苦労が出来ただろうかと思うと、これまたどうだろうか、という気持ちです。

当然ながら、子供がいないという暮らしは今の私には想像できません。子供はもう本当に愛おしいです。一方で、子供はいないけど夫婦で仲良くいつまでも初々しく過ごしている方も知ってますから、その楽しさというのは残念ながら得られないものでもあります。

他にも色んなケースで、こちらを選んだからあちらは二度と経験できない、ということがあります。得るものもあれば失うものもあります。過去を振り返って色んな事を思ったりもするのですが、両方の美味しいトコ取りというのは残念ながら出来ないことも多いのが現実です。であれば、せめてこの道筋を良い選択だったと思えるようにしていきたいなぁ、と、そんなことを思ったりしています。